会社に副業がばれないようにする方法

副業をしている人は必ず確定申告をしなければいけないのでしょうか。結論から言えば、それは違います。
給与以外の副業の所得の金額によっても違うのです。給与所得以外の副業の所得が20万円以下なら確定申告は必要ありません。
反対にいえば20万円以上の人は確定申告をする必要があるということになりますね。
ですから副業をしている人は、1年間の副業による稼ぎが20万円を超えた場合には副収入を得ていることになりますので、確定申告が必要になるというわけです。
そしてこれは専業主婦でもサラリーマンでもいえることです。在宅ワークなどで副業をして収入を得ている場合には年間20万円以上収入を得ている人は確定申告が必要なので覚えておきましょう。確定申告をしなければいけないのはつまり副業をしていて20万円以上稼いでいる人ということになります。
これはネットオークションでもいえることです。ネットオークションで売買をしていて副業とは言わなくても20万円以上収入がある人は確定申告をしなければいけません。
意外とネットオークションでの収入は関係ないと思っている人がいるのですが関係ありますので注意しましょう。
副業とは思っていなくても20万円以上収入があれば確定申告が必要なのです。

副業がばれないように確定申告をするには?

サラリーマンの人によっては会社に副業をばれないようにしたいと思っている人も多いのではないでしょうか。
副業をしてるということを会社にばれたくないので、確定申告をしたくはないと思っている人も多いでしょう。
会社に副業をしていることがばれる際の原因には住民税が関係しています。サラリーマンの大半が給与から住民税を引かれていると思いますが、住民税の金額は去年の所得税に応じ市役所が決定していて会社に通知されます。特別徴収となっています。
確定申告をすると給与以外の所得の申告もすることとなるので、住民税もそれに反映して増えるのです。
給与計算をしている経理部の人が見れば給与の割りに、なぜ住民税が多いのかと疑問を抱くことにもなりますので、そこから副業をしていることがばれてしまうこともあるのです。
ですからサラリーマンで副業や副収入があることをばれたくない人は、給与所得以外の所得においては、特別徴収という扱いではなくて、「自分で納付」をするという普通徴収に切り替えればいいでしょう。
特に副業禁止になっている会社で働いているサラリーマンは注意ですね。就業規則を確認したうえで普通徴収に切り替えたほうがいいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ